捕らぬ狸の腹鼓

小説・マンガ・ミュージカル等、趣味の話題を雑多に

ガスがもれていませんか

 

 べつに、「火の元には気を付けましょうね」って記事ではないです。

 本当は、「新しき世界」のネタバレ&妄想込みの脳内駄々漏れ感想記を書くつもりだったんですが、ブログの詳細部分に

『小説・マンガ・ミュージカル等、趣味の話題を雑多に』

 なんて文章を載っけていたことを思い出しまして。

『小説・マンガ・ミュージカル』って言ってるのに、初っ端から映画のことしか書いてないっつうのもいかがなものかと思ったため、今日のところは読んだばかりのマンガの感想をあげることにします。 

 

 

 先日、「新装版 ルナティック雑技団」(著:岡田あーみん)を購入しまして、読みまして、笑いまして。

 岡田あーみんの作品ですから、ギャグ漫画だってのはわかってたんですけど、ちょっといろいろと想像以上でした。

 少女マンガのはずなのに、タコ部屋やらラブドールやら連れ込み宿やら、

「え‥‥それ、りぼんに載せて大丈夫だったの?」

「っつうか、りぼんの読者にわかったの?」

 と、読んでいて思わず心配になるようなボケが多い。

 ほかにも、好色者やら淫婦やら、とても少女マンガとは思えないような言葉がポンポン飛び出してきます。

 心の汚れた大人になってしまったわたしは、黒川さんが隣にラブドール(セーラー服着用)を乗せてアヒルボートを漕いでいるコマで吹き出してしまいましたが、これ本当にりぼんで掲載してたの?

 りぼんの読者って、小学生の女の子でしょ?

 ‥‥と思いきや、集英社の想定している、りぼん読者層は小学生~高校生だそうで。高校生が読むなら、これくらいはおかしくない、か?

 小学生読者もいる少年ジャンプで下ネタ・エロネタのキッツい作品が連載されていることを思えば、別段それほど驚くようなことでもない気もしてきました。

 

 

 ところで、このマンガを読んでいて、びっくりしたことがもう一点。

 この作品、人気者の少年が二人、出てくるんです。

 一人は、「天湖森夜」くんという端正なご面相をした、特異なるカリスマ性の持ち主。もう一人は、学園のアイドルなんぞと呼ばれているちょっぴりナルシストな「愛咲ルイ」くん。

 彼らは二人とも、女性から絶大なる支持を得ているわけですが、なんと作中で当然のように男性からも好かれているんですよ。

 その好意が、憧れなんだか恋心なんだかはよくわからないんですが、男性が男性を好きになるということを、一切の特別視することなく描いているんです。

 もちろん、ギャグマンガですから、その好意の表現の仕方は、だいぶ面白おかしく描かれています。でもそれは、「男性が男性に好意を持つこと」「同性を好きになること」自体を笑えることだとして描いているわけではありません。好意の矢印の方向が「男性→女性」だろうが「女性→男性」だろうが、その描かれかたは、等しくヤバいことになっています。

 日本でPC(ポリティカル・コレクトネス)という言葉が使われるようになったのがいつごろかは知りませんが、21世紀の今日でも、恋愛感情は男と女のあいだでしか発生しないと当然のように思い込んでいるひとって、意外と多い。そんな価値観に基づいてつくられていると思われるフィクションも、かなりの数、存在します。

 だけど、岡田あーみんは、1995年時点で、そんな価値観からは脱却したギャグマンガを読者の少女たちに提供していたんだなあ‥‥と。

 それが意図的なものなのか、作者の持つ天性のセンスなのかはわかりませんが、どちらにせよ、「ルナティック雑技団」は名作です。

 

 

 ちなみに、今回の記事のタイトル『ガスがもれていませんか』は、心に残る迷言ばかりの全三巻の中でも、特に強くわたしの心に刻み込まれた台詞です。発言者(?)は、ガス漏れ警報器。

「ガス漏れ警報器が『ガスがもれていませんか』って警告を発するのなんて、当然のことじゃないか」

 そうなんです、そうなんですけど‥‥‥。

 うまく説明できる気がしないので、気になった方はぜひ、第一巻をお手に取ってみてください。

 

 ああ、デカダン酔いしれ暮らしてえなあ‥‥‥‥。